三世代家族のブログ

三世代で同居している、じいちゃん、ばあちゃん、パパ、ママ、孫たち、みんなで投稿します☆★

ばあちゃん(さっちゃん) 思い出話し

One Family Under God ~1983年6月 訪韓の恵み

投稿日:

 One Family Under God の120日修練会が終了し、それぞれの家庭で任地国への出発準備が始まった。そこへ、訪韓という大きな恵みをいただいた。すでに任地国に向かった家庭もあり、40人ほどの参加となったが、私たち夫婦にとっては、まさにサプライズだった。ソウル・プサンの聖地巡礼と、韓国観光――ソウル市内だけでなく、慶州市にある仏国寺や、板門店にも行くことができた。

 観光ツアーのバスに乗った時、バスガイドさんが最初に挨拶された言葉が懐かしく思い出される。「皆さん、韓国に来られて気になることはありませんか? どこに行っても、キムチの匂いがするでしょう? どうしたら気にならなくなるでしょうか? それには、皆さんもキムチをたくさん食べて下さい。そうすれば、気にならなくなります!」

 リトルエンジェルス学校の構内で、‘韓日文化交流訪韓団ソウルの夕べ’ の会を催して下さった。素晴らしいおもてなしをいただいて、充電完了! いよいよ、アフリカへ!

-ばあちゃん(さっちゃん), 思い出話し

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

《ばあやのお話》     詩・金子みすゞ

ばあやはあれきり話さない、 あのおはなしは 好きだのに。 「もうきいたよ」といったとき、 ずいぶんさびしい顔してた。 ばあやの眼には、草山の、 野茨(のばら)のはなが映ってた。 あのおはなしがなつかし …

One Family Under God~1983年7月21日 エンテベ国際空港から首都カンパラへ

 ウガンダのエンテベ国際空港に着いた。空港周辺は温暖な気候だった。赤道直下の国ではあるが、東アフリカ高原に位置しているため、日射しは強いもののそんなに暑くはない。空気は湿気がなく、からりとしていて気持 …

<せみの おべべ>金子みすゞ童謡絵本

みすゞさんとお母さんの対話の詩です。子どもの気持ちを受け入れるこんな素敵なお母さんになりたいですね! <せみの おべべ> かあさま、 うらの きの かげに、 せみの おべべが ありました。 せみもあつ …

おひさん あめさん     <金子みすゞ童謡絵本>

2002年に発行された 金子みすゞ おひさん あめさん という童謡絵本があります。森川百合香・絵 矢崎節夫・選 で、金子みすゞの詩が15編載っています。 ≪おひさん あめさん≫ ほこりの ついた しば …

鮭の一生・・・妹へ

サケという魚はとてもタフな魚です。日本の川で生まれるのに、アメリカやロシア近くの海まで行って大きくなり、そして3~4年後卵を産むために自分の生まれた川に戻ってきます。これを母川回帰といい、98%のサケ …

 

  • 80現在の記事:
  • 27今日の閲覧数:
  • 134昨日の閲覧数:
  • 33614総訪問者数:
  • 24今日の訪問者数:
  • 67昨日の訪問者数:
  • 109一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数: