三世代家族のブログ

三世代で同居している、じいちゃん、ばあちゃん、パパ、ママ、孫たち、みんなで投稿します☆★

ばあちゃん(さっちゃん) 思い出話し

One Family Under God ~1983年7月 苦かったグァバの実

投稿日:

 ケニヤの友人の教会には小さな庭があり、南国の草木が生えていた。ともに生活していた10歳くらいの少年がいて、娘と同い年の友人の娘さんといつも遊んでいるようだった。私の娘もすぐに打ち解けて、皆で庭に出て遊んでいた。そのうち、娘たちが小さな青い実をかじりながら、私にもくれた。一瞬ギョッとしたが、皆で美味しそうに食べているので、私も口に入れた。が、その緑色の実はとても苦かった。吐き出したか、飲み込んだかよく覚えていない。小さな娘の順応性に驚き感嘆した甘酸っぱい思い出が蘇る。

ところで、最近では「グァバの実の効用が凄い」と評判なんですよね!

美味しいグァバジュース 今は大好きですよ^^

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA
*1983年 ナイロビ教会にて*

-ばあちゃん(さっちゃん), 思い出話し

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

One Family Under God~1983年7月21日 ナミレンベの教会にて

 ウガンダのエンテベ空港から、首都カンパラに入り、ついに私たちのナミレンベの小さな教会に着いた。神さまの教えに従って共に生きようとする人々が立てば、そこが教会だ。見かけは普通の家だが、ドイツ人宣教師の …

「ブランコが喜んでる〜」 公園の孫

土曜日の昼下がり、久しぶりに孫と公園に来た。4歳6ケ月。まだそれほど熱心ではないが、自転車に乗る練習をしたり、砂遊びをしたり、、、。滑り台、ブランコ、一通り遊んで「さあ、そろそろ帰ろうね。また、来よう …

土=The Ground・・・ Poem:Misuzu Kaneko

こッつん こッつん 打たれる(ぶたれる)土は よい畠になって よい麦生むよ。 朝から晩まで 踏まれる土は よい路になって 車を通すよ。 打たれぬ土は 踏まれぬ土は 要らない土か。 いえいえそれは 名の …

《ばあやのお話》     詩・金子みすゞ

ばあやはあれきり話さない、 あのおはなしは 好きだのに。 「もうきいたよ」といったとき、 ずいぶんさびしい顔してた。 ばあやの眼には、草山の、 野茨(のばら)のはなが映ってた。 あのおはなしがなつかし …

『アンパンマンとうたって♪おどろう🎵』 同居の孫Ⅱ

私たち夫婦には、現在6人の孫がいます。同居の孫Ⅰ・Ⅱ と、都会の孫Ⅰ・Ⅱ と、海外の孫Ⅰ・Ⅱ です。婆バカと言われるのを覚悟で、「まごまご日記」を時々書いてみます^^  同居の孫Ⅱは、現在1歳10ヶ月 …

 

  • 62現在の記事:
  • 89今日の閲覧数:
  • 149昨日の閲覧数:
  • 25249総訪問者数:
  • 70今日の訪問者数:
  • 101昨日の訪問者数:
  • 100一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: