三世代家族のブログ

三世代で同居している、じいちゃん、ばあちゃん、パパ、ママ、孫たち、みんなで投稿します☆★

ばあちゃん(さっちゃん) 思い出話し

One Family Under God~1983年7月14日 ケニヤ・ナイロビ到着

投稿日:

 古いパスポートを見ると、日本出国は1983年7月13日、ケニヤ入国は7月14日になっている。主人と私とちょうど10ヶ月になった娘と共に、ケニヤ・ナイロビのジョモ・ケニヤッタ空港に降り立った。成田空港からは、パキスタン経由で来た。

 ナイロビでは、同じ世代の日本人夫婦が教会の責任者をしており、暖かく迎えて下さった。1週間滞在させてもらい、初めてのアフリカを楽しんだ。ナイロビ中心部から近くにあるナイロビ国立公園にも連れていって下さった。首都の中にある国立公園の中では最大規模という。

*写真は、Nairobi National Park Kenya のホームページから*

 ケニヤの首都ナイロビ市は、まさに都会だった。アフリカと言えば、灼熱の太陽と砂漠を思い起こす程度の知識しかない私だったが、コンクリートのビルが立ち並んでおり、町行く人々は忙しそうで、声などとてもかけられない。

 One Family Under God の理念に生きようとする教会の兄弟姉妹たちは、アフリカ人でもなく、アメリカ人でもなく、日本人でもなく、すぐに笑顔で挨拶することが出来た。同じ親の子どもだから。

*1983年 ナイロビ国立公園にて。サバンナの草原が限りなく続いていました*

-ばあちゃん(さっちゃん), 思い出話し

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

金子みすゞ記念館にて

2019年12月12日13:13 LINEに山口新聞から発信されたニュースをお届けします。 https://lin.ee/s775GSU?utm_source=line&utm_medium= …

偶然?それとも導き?

 里帰り中です。  従姉に会いたかったけれど、連絡出来ずにいました。  すると、妹の病院に行く電車の駅のホームで、バッタリ出会ったのです!  それも、乗るはずでない電車待ちの時でした。朝出がけに、仏壇 …

「木」・・・郷土の童謡詩人 金子みすゞ

お花が散って 実が熟れて、 その実が落ちて 葉が落ちて、 それから芽が出て 花が咲く。 そうして何べん まわったら、 この木は御用が すむかしら。 A Tree Poem : Misuzu Kanek …

元気に咲いてます!垣根の朝顔

9月も中旬になりました。やっと朝夕が少し涼しくなりましたね。 夏の間中、我が家の朝顔が朝の香りを放って、一日の活力を与えてくれましたが、まだまだ元気です。 垣根の2メートルほどの間に朝顔を5本植えまし …

私の故郷・・・令和の時代

 18歳の年にふるさとを離れて50年と7ヶ月。その後、数えるほどにしか戻ることのなかったふるさとに、思わぬ妹の病気で里帰りしています。今までは里帰りすれば、いつも妹が車で駅まで迎えに来てくれて家に帰り …

 

  • 60現在の記事:
  • 0今日の閲覧数:
  • 145昨日の閲覧数:
  • 25478総訪問者数:
  • 0今日の訪問者数:
  • 104昨日の訪問者数:
  • 99一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: