三世代家族のブログ

三世代で同居している、じいちゃん、ばあちゃん、パパ、ママ、孫たち、みんなで投稿します☆★

ばあちゃん(さっちゃん) 思い出話し

One Family Under God~1983年7月14日 ケニヤ・ナイロビ到着

投稿日:

 古いパスポートを見ると、日本出国は1983年7月13日、ケニヤ入国は7月14日になっている。主人と私とちょうど10ヶ月になった娘と共に、ケニヤ・ナイロビのジョモ・ケニヤッタ空港に降り立った。成田空港からは、パキスタン経由で来た。

 ナイロビでは、同じ世代の日本人夫婦が教会の責任者をしており、暖かく迎えて下さった。1週間滞在させてもらい、初めてのアフリカを楽しんだ。ナイロビ中心部から近くにあるナイロビ国立公園にも連れていって下さった。首都の中にある国立公園の中では最大規模という。

*写真は、Nairobi National Park Kenya のホームページから*

 ケニヤの首都ナイロビ市は、まさに都会だった。アフリカと言えば、灼熱の太陽と砂漠を思い起こす程度の知識しかない私だったが、コンクリートのビルが立ち並んでおり、町行く人々は忙しそうで、声などとてもかけられない。

 One Family Under God の理念に生きようとする教会の兄弟姉妹たちは、アフリカ人でもなく、アメリカ人でもなく、日本人でもなく、すぐに笑顔で挨拶することが出来た。同じ親の子どもだから。

*1983年 ナイロビ国立公園にて。サバンナの草原が限りなく続いていました*

-ばあちゃん(さっちゃん), 思い出話し

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ハブランサス 第3弾

今年のハブランサス 第3弾です! ハブランサスが咲くのを 待ち焦がれていたら、通勤途上でハブランサスの群生を見つけました〜 でも、 ひとつだけの我が家のハブランサス 可愛いよ♬〜

One Family Under God ~1983年7月 苦かったグァバの実

 ケニヤの友人の教会には小さな庭があり、南国の草木が生えていた。ともに生活していた10歳くらいの少年がいて、娘と同い年の友人の娘さんといつも遊んでいるようだった。私の娘もすぐに打ち解けて、皆で庭に出て …

郷土の童謡詩人・金子みすゞ「けがした ゆび」

けがした ゆび    詩・金子みすゞ しろい ほうたい していたら、 みても いとうて、 なきました。 あねさまの おび かりて、 あかい かのこで むすんだら ゆびは かわいい おにんぎょう。 つめ …

垣根の朝顔

裏庭の朝顔が咲きました。お隣りさんの庭から撮影〜 朝花開いてお昼にはもう萎れてしまう、、、 沢山のタネを準備するのに 忙しいのかなぁ??

蜂と神さま God and a Bee Poem; Misuzu Kaneko

蜂はお花のなかに、 お花はお庭のなかに、 お庭は土塀のなかに、 土塀は町のなかに、 町は日本のなかに、 日本は世界のなかに、 世界は神さまのなかに。 そうして、そうして、神さまは、 小ちゃな蜂のなかに …

 

  • 65現在の記事:
  • 3今日の閲覧数:
  • 72昨日の閲覧数:
  • 34028総訪問者数:
  • 2今日の訪問者数:
  • 60昨日の訪問者数:
  • 72一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: