三世代家族のブログ

三世代で同居している、じいちゃん、ばあちゃん、パパ、ママ、孫たち、みんなで投稿します☆★

ばあちゃん(さっちゃん) 思い出話し

One Family Under God~1983年7月21日 エンテベ国際空港から首都カンパラへ

投稿日:

 ウガンダのエンテベ国際空港に着いた。空港周辺は温暖な気候だった。赤道直下の国ではあるが、東アフリカ高原に位置しているため、日射しは強いもののそんなに暑くはない。空気は湿気がなく、からりとしていて気持ちよい。すっかり観光気分になった。というのは、以前私たちが住んでいた香港は、過密都市であったし、とりわけ旧・香港国際空港の啓徳空港は「世界一着陸が難しい空港」として有名だった。香港アプローチとか、香港カーブと言われたようにパイロットにとっては相当な技量を要求される空港だったし、もちろん乗客もそれなりに緊張した。そのうえ、5分ごとに離陸する飛行機と着陸する飛行機が行き交うような空港近くに住んでいたわけだから、エンテベ空港でのんびりした雰囲気に酔いしれたのは察していただけるだろう。

 さて、エンテベ空港には有能な技術者でもあるドイツ人の宣教師がフォルスワーゲンの車に乗って、ウガンダの姉妹と一緒に迎えに来てくれていた。この宣教師は会社を設立し、事務所も構えてウガンダの姉妹を雇っていた。教会活動に熱心に取り組み、すでに10人ほどの兄弟姉妹と一緒に教会生活をしていた。NGOの活動にも熱心で、私たちを国際救援友好協会の現地職員として招聘した。

 エンテベ空港から首都カンパラへの道は、広くて真っ直ぐだった。約1時間の道のりだが、次第にウガンダの国情が身に迫ってきた。真っ直ぐの道は、軍用道路ではないか!兵士が所々に立っていて、カンパラに着くまでに、3回くらい検問を受けたと思う。でも、日本にいる時には、「ウガンダでは100メートル毎に兵士が立っていて、検問されるよ。」と聞いていたから、「それほどでもないね」とも思った・・・。自動車が走ったあとには、砂埃というか土埃というか茶色の埃が舞い上っていた。国の幹線道路ではあったが、舗装道路ではなかったからだ。舞い上がる土埃で道路の脇は埃まみれだったが、その先に、美しいピンク色の南国の花ブーゲンビリアが至る所に咲いているのがかすかに見えた。

*上の写真は 南国の花ブーゲンビリア(ウガンダでの撮影ではありません)*

-ばあちゃん(さっちゃん), 思い出話し

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

偶然?それとも導き?

 里帰り中です。  従姉に会いたかったけれど、連絡出来ずにいました。  すると、妹の病院に行く電車の駅のホームで、バッタリ出会ったのです!  それも、乗るはずでない電車待ちの時でした。朝出がけに、仏壇 …

死後の世界(霊の存在)を信じますか?・・・洋画『The Sixth Sense』 

 1999年のアメリカのミステリー映画。  死者が見えるという第六感を持った少年と、彼をサポートしようとする小児精神科医の交流の物語です。しかし、実はその小児精神科医こそが、死者たる霊人であったという …

金子みすゞ童謡絵本より   「こころ」

おかあさまは おとなで おおきいけれど、 おかあさまの おこころは ちいさい。 だって、おかあさまはいいました、 ちいさい わたしで いっぱいだって。 わたしは こどもで ちいさいけれど、 ちいさい …

「土と草」・・・童謡詩人・金子みすゞ

土と草   金子みすゞ 母さん知らぬ 草の子を、 なん千万の 草の子を、 土はひとりで 育てます。 草があおあお 茂ったら、 土はかくれて しまうのに。 *『金子みすゞ花の詩集2』より  絵・よしだみ …

死後の世界(霊の存在)を信じますか?・・・洋画『Ghost』

 1990年のアメリカ映画『Ghost』は、邦題『ニューヨークの幻』として有名ですね。この映画は、ホラー映画(観る者が恐怖感を味わって楽しむことを想定して製作された映画)ではなく、恋愛映画として評価さ …

 

  • 72現在の記事:
  • 19今日の閲覧数:
  • 99昨日の閲覧数:
  • 33538総訪問者数:
  • 15今日の訪問者数:
  • 58昨日の訪問者数:
  • 126一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数: